田中義郎のパーソナル人生

人生の選択肢

2018年4月26日

自分の人生を決めるのは自分である。
人生にはさまざまな選択肢がある。
 ・広く浅く学び、社会に貢献するか、自分が一番やりたい唯一つのことで社会に貢献するか。
 ・安全な道を選ぶか、リスクの高い人生を選ぶか。
 ・経済的安定を優先するか、自分の意思を貫くか。
 ・脇役に甘んじるのか、主役を演じるのか。
子供の頃の意思決定は親が決めてくれるが、その後は自分の意思で決めなければならない。
これらの選択肢はいずれも二律背反の関係にある。
経済的安定(お金)を優先すれば、往々にして人生が犠牲になる。
例えば、大企業や役所に就職すると毎月決まった日に給料が振り込まれが、いやな仕事や
きらいな上司にも耐えなければならない。
自分の意思を貫けば、お金が犠牲になることを覚悟しておかなければならない。
若いときは、ついつい目先のお金に目が行くが、年齢を重ねていくと人生のリスクは
ストレスになって徐々に蓄積されていく。
何れを意思決定するか。
1人1人考え方や価値観が異なるので一概に言えないが、われわれは選択の基準となる
(普遍的な)「ものさし」が必要だろう。
ちなみにぼくは、「幸せ」というのものさしで意思決定している。

 

コラム一覧へ戻る

マイベストプロ京都 田中義郎