田中義郎のパーソナル人生

中小企業「大廃業時代」の到来

2018年5月28日

忍び寄る中小企業の「大廃業時代」
今後、全体(大企業を含む)の30%にあたる127万社で後継者が不在の状態となる見通しと報じられています。
(日本経済新聞2018.2.6)
後継者不足、経営者の高齢化は急に始まった問題ではありません。相当以前からわかっていました。
放置されていただけです。
さらにもう1つ、「個の時代」の到来も大きな引き金になっています。
慣れ親しんだ横並び社会も間もなく終焉を向かえます。
「出る杭は打たれる」時代から「出る杭は伸ばす」の時代への変化です。
マーケットが求めているのは「横並び」との決別です。
特徴のない商品・サービスの価値は下落の一途をたどっています。
横並び経営から「偏差値の高い経営」へ、時代は大きく変わります。
売上拡大や規模拡大が企業の発展である、需要が集中するマーケットは有望である。
これらの常識は「幻想」に変わります。
横並び社会の中で培われた横並び経営の常識は非常識になり、
さらに、今までの業績もリセットされていきます。
今までの横並び経営から脱皮できない中小企業は、どんどん「化石化」が進みます。
大廃業時代は、横並び経営から脱皮できない企業に襲ってくると思われます。
早急なる対応が求められています。

次のセミナーを準備しています。
ぜひ、こちらからご一読ください。

 

コラム一覧へ戻る

マイベストプロ京都 田中義郎