経営者・後継者向けセミナー

偏差値の高い経営で発展の扉を開く

      テーマ
       偏差値の高い経営で発展の扉を開く

        ~パーソナル経営®でその第一歩を踏み出す~

 

     目 的

       ・経営の究極の目的を正しく理解し、経営の原点を確認して頂きます。
       ・知の格差、一強九弱、分断社会、人口減少、高齢化社会、
        そして「個の時代」の到来など、社会構造の変化が中小企業を直撃します。
       ・
5年後も10年後も存続・発展を続けるためには、今何を成すべきか。先入観を捨て、
        思い切った発想の転換をして頂きます。

     

     ポイント

       

  • 中小企業に旧来のマネジメントは不要です。
  • 発展とは規模拡大であるという幻想を捨てましょう。
  • 苦しい経営から楽しい経営へ転換を図ります。
  • パーソナル経営®で中小企業の新しい経営スタイルを提案します。
  • パーソナル経営®は、当社の登録商標です。

     対 象

      中小企業の経営者・後継者

       ・盤石な企業づくりを目指している経営者・後継者

       ・3~5年先の自社がイメージできない経営者・後継者

       ・思い切った発想の転換に迫られている経営者・後継者

     

     時 間:2~3時間

 

     カリキュラム

       

Ⅰ.経営の目的(究極の目的)幸せが先か、業績向上が先か。

           ①幸せが先か、業績向上が先か。

         ・ぶれない姿勢で仕事をして頂くために、経営者のモチベーションの原点を
          探ります。

 

 

Ⅱ.競合がひしめき合うマーケットで戦っても中小企業の勝ち目はありません。

  •         ①横並びの時代は終焉しました。

         ・特徴のない商品・サービスの価値は下落の一途をたどっています。

         ・「個」に光が当たる時代が到来しています。横並びを競うのではなく、
          特性を伸ばす時代です。
          努力次第で中小企業にも光が当たる時代になってきました。

  •         ②どんな時代に向かっているのか。

         ・一強九弱時代が到来しています。
          現状のままでは中小企業の流れは九弱に向かいます。

         ・過当競争も中小企業の成長・発展を著しく阻害しています。

         ・「個の時代」の到来は、中小企業にとって追い風にも向かい風にもなります。
          このチャンスを生かすか見逃すか、今、決断する時です。

  •         ③中小企業に(旧来の)マネジメントは不要です。

         ・旧来のマネジメントが中小企業の特性(魅力)を阻んでいます。

         ・本来、百社百様であるべき中小企業のほとんどが画一化された「標準経営」に陥り、
          企業の特性や魅力が見えなくなっています。
          旧来のマネジメントが経営者の自由な発想や行動を阻んでいるからです。

 

       

Ⅲ.「一強九弱」の烈風が中小企業を襲ってきます。

  •         ①情報化の進展で消費者はさまざまな情報を装備し、相当賢くなっています。

         ・多様化も進み、さまざまな価値観が新しいマーケットを創り出しています。

         ・消費者の心を動かす商品・サービスの提供が求められています。

  •         ②個の時代は企業の特性で勝負が決まります。

         ・今まで見向きもされなかった尖った商品・サービスや戦略に注目が
          集まっています。

         ・個の時代、多様化、賢くなった消費者、このトライアングルが中小企業経営に変革
          を迫っています。

         ・どんな企業でも独自の特性を持っています。
          マネジメントに縛られ画一的になっている経営の陰になり見えないだけです。

         ・中小企業の場合、経営者の人間的特性が経営に投影されています。

 

       

Ⅳ.業績低迷の原因とその決別

  •         ①業績低迷の原因

         ・拡大主義、大企業型経営感覚、過当競争の常態化、中長期的視点の欠如、
          時代
の流れに無頓着、脆弱な経営構造など、さまざまな原因が考えられます。

         ・喫緊課題は、拡大主義、大企業型経営感覚との決別です。

         ・大企業型経営感覚とは、商品・サービスを横に広げて売上拡大を図る良き時代の
          (陳腐化している)経営感覚です。

  •         ②「パーソナル経営」で偏差値の高い経営を実現する。

         ・パーソナル経営®とは、自社の特性、経営者の特性で勝負をかける経営です。
          マネジメントから人(パーソナル)へ軸足を移した経営です。
          偏差値の高さで勝負する経営です。

         ・偏差値の高い経営とは、平均値(コモディティ)を無視し、高い偏差値で勝負を
          かける経営です。尖った商品・サービスや戦略で勝負を賭ける経営です。

  •         ③パーソナル経営で発展している企業は着実に増加しています。

 

      

Ⅴ.発展への取り組み

  •         ①旧来の経営からパーソナル経営へ

         ・自社の特性をどのように把握し、また、現在の事業との整合を図りながら
          どのようにパーソナル経営に転換していくのか。事例を通してそのノウハウを
          分かりやすく、実現までのプロセスをお伝えします。

         ・経営者がその気になるかどうかで成否が決まります。

  •         ②企業の土台づくり

         ・企業の土台づくりは経営者の仕事です。企業は人によって支えられています。

         ・具体的には「企業は人なり」の実践です。
          この取り組みがパーソナル経営を支えます。
          実践のポイントを押さえパーソナル経営に向かってへ準備を整えて頂きます。 

  •         ③今やるか、先送りするか。

         ・時代の変化に呼応して、必ず変わらなければならないときが到来します。
          見逃すか、踏み出すか、ここで成否が分かれます。

         ・先送りすればするほど代償(犠牲)はどんどん膨らんでいきます。 

 

 

                                        以 上 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5年後の自社は、5年後の経営者の人生で決まる        

      テーマ

       5年後の自社は、5年後の経営者の人生で決まる
        ~中小企業にはマネジメントは不要である~   

 

     目 的

      ・知の格差、一強九弱、分断社会、人口減少、高齢化社会、そして「個の時代」の到来など、
       社会構造の変化が中小企業を直撃します。

      ・5年後にも存続・発展を続けるためには、今何を成すべきか。先入観を捨て、思い切った
       発想の転換をして頂きます。

     
                ポイント

      ・中小企業に旧来のマネジメントは不要です。

      ・発展とは規模拡大であるという幻想を捨てましょう。

      ・自社の5年後の予測は困難でも、経営者の5年後は自分の意思で決められます。


     時間:3時間

     
               対象:3~5年後の自社を心配している中小企業・小規模企業経営者、後継者

 

     カリキュラム


  •      ①中小企業に旧来のマネジメントは不要です

       ・10代の天才が間もなくビジネスの世界でも現れます。マネジメントという鎧を着ていな
        い10代です。

       ・マネジメントが中小企業の足かせになっています。模倣経営の温床になっています。


  •      ②業績低迷の真因

       ・過当競争の常態化、拡大主義、大企業型経営感覚、中長期的視点の欠如、時代の流れに無
                        頓着など、これらの真因は模倣経営にあります。
           
                ③ 「個の時代」の到来

       ・「出すぎずへこまず無難に生きる」という平均値に寄り添う生き方は終焉を迎えています。

       ・人間の特性はみんな違います。個の時代は1人1人の特性に光が当たる時代です。

        中小企業にも光が当たる時代が到来しています。

       ・平均値はコモディティになり価値は下落し、一方、偏差値の高い価値は独自性が評価され

        るようになり上昇しています。

 

  •        ④大企業型経営との決別

       ・大企業型経営とは量拡大を第一義に、商品・サービスを横に広げて売上拡大を目指す旧来
        の経営です。旧態依然を続ける画一的な経営は「模倣経営」そのものです。
       
       ・圧倒的多数の経営者は需要の多いマーケットに魅力を感じ進出を目論みます。

        しかし、需要過多の分野は通常「供給」も過多であり、過当競争に巻き込まれるという

        落とし穴が待っています。特別な戦略や技術力などを持ち合わせていない限り、量拡大の

        幻想は中小企業の存続・発展の大きなブレーキになります。

 

  •       ⑤「偏差値の高い経営」への転換

       ・偏差値の高い経営とは自社の「特性」で勝負をかける経営です。

       ・どんな企業でも独自の特性を持っています。経営者が目先の業務に追われたり、

        模倣経営の陰に隠れて気付かないだけです。偏差値の高い経営とは、経営の間口を

        1つの得意分野に絞り込んだ経営です。経営の「軸」が明確になり新しい自信が生まれて
        きます。

       ・特別な技術(特殊な技術)や尖った戦略を持ち合わせていない企業は、通常、経営者の特性
        が企業の特性に投影されています。

       ・自社の特性をいかに把握し、整合を図り、現在の経営に生かしていくか。
        事例を通してわかりやすくそのノウハウをお伝えします。
        (自社の特性把握が難しい場合は次善の策をお伝えします)

       ・新しい知識は不要です。経営者がその気になるかどうかが成否の分岐点になります。

 

  •         ⑥偏差値の高い経営の実現

       ・実現までのプロセスをお伝えします。併せて、決意を固めて頂きます。

 

  •         ⑦代償はいずれ払わなければならない。

       ・今やるか、先送りするか。
        先送りすればするほど代償(犠牲)はどんどん膨らんでいきます。

                     

                                     以 上