セミナー

 

経営者・後継者(1)

 

  • テーマ:忍び寄る「大廃業時代」をいかに生き抜くか
  • 目 的

     ・忍び寄る中小企業の「大廃業時代」(日本経済新聞2018.2.6)にいかに
      生き抜くか。さらに「個の時代」の到来も迫っています。
      中小企業(小規模事業者を含む)を取りまく未曾有の環境変化は、
      今までの常識の転換を迫っています。
     ・慣れ親しんできた「横並び経営」は終焉を向かえます。
     ・本セミナーでは、激変を乗り越え、5年先、10年先も存続発展できる
      中小企業になるために新しい経営の常識と戦略を身に付けて頂きます。

  • 対 象

     ・5年先、10年先も存続発展できる企業の創出を切望されている
      中小企業・小規模事業者の経営者・後継者
     ・思い切った発想の転換ができない経営者・後継者

経営者・後継者(2)

 

  • テーマ:横並び経営から偏差値の高い経営への転換

         ~中小企業の「大廃業時代」に備える~

  • 目 的

     ・中小企業の「大廃業時代」が報じられています。(日本経済新聞2018.2.6)

     ・発展とは規模拡大という幻想を捨てましょう。
     ・経営者・後継者(以下、経営者)が、これからの人生を考え、経営を考え、
      未来への展望を描くセミナーです。

     ・思い切った発想の転換をして頂きます。

創業塾
  • テーマ:人生の「扉」を開ける

            ~人生をドラスチックに変える条件~ 

  • 基本認識

       ・人生をドラスチックに変える。これが創業です。

     ・人生は(創業の)知識だけでは変わりません。
      「土台固め」と「一番やりたいこと」に徹しなければ不可能です。
     ・知識だけで作成した付け焼刃のビジネスプランは、かえって
      害になります。時間の無駄遣いは避けるべきです。

  • 目 標

       ・創業志願者(受講生)の心と意識を変え、100%創業、
      100%の成功率を目指します。

商工会・商工会議所

 

  • テーマ:パーソナル・サービスによる経営支援

          ~経営支援にマネジメントの知識は不要です~

  • 目 的

     ・経営支援のあり方を抜本的に見直します。

     ・経営者の視点で経営支援を考えます。

     ・経営支援の成果と(経営)支援者の成長にこだわります。

     ・思い切った発想の転換をして頂きます。

  • ポイント

     ・経営を変えるのは経営者の「意識」です。
      行動を変えるのも経営者の「意識」です。 
      マネジメントで変えるのではありません。

     ・経営支援の成果は(経営者)の意識を変えることによって実現します。

商工会
(職員セミナー)

 

  • テーマ:商工会改革の勧め

        ~商工会を良くするのも悪くするのも「人」である~

  • ポイント

     ・改革とは何か、その「本質」を正します。

     ・遅々として進まない改革を進める効果的な方法が唯一つ存在します。

       ‐波風を立てず、争いごとを避け、抵抗勢力を味方にする方法です。

     ・改革の第一歩を踏み出すのも、成果を享受するのも、それを生かすのも
      職員(敬称略)です。改革の主役は「職員」です。

     ・本セミナーでは、改革の考え方、進め方とその成果について具体的に
      言及します。

商工会
(役職員セミナー)
  • テーマ:商工会改革

        ~意識が変わらなければ何も変わらない~

  • 基本認識

  ・中小企業の「大廃業時代」が報じられています。(日本経済新聞2018.2.6)

  ・商工会はさらに厳しい局面に立たされています。 

  ・商工会改革は待ったなしの状況になっています。

  • 目 的

     ・組織を良くするのも悪くするのも「人」(役員・職員)です。

     ・商工会改革が進んでいない原因を究明しながら、組織運営の原点を
      明確にします。

     ・商工会改革の目的と具体的な成果を再確認し、共有して頂きます。

     ・商工会改革を阻んできた「抵抗勢力」を味方にすると、改革は一気に
      進みます。

 

マイベストプロ京都 田中義郎