有限会社C3有限会社C3

有限会社C3

セミナー

商工会の大切な忘れ物
~未だ誰もその忘れ物に気付いていない~

問題提起①

商工会は、組織運営に一番大切なものをどこかに置き忘れ運営されてきました。
まだ誰もその忘れ物の存在に気付いていません。
気付いていたとしても放置されたままになっています。
1日も早く忘れ物に気付かないと、将来に禍根を残すことになります。

問題提起②

置き忘れている一番大切なもの、それは小規模事業者の維持発展にも商工会の存続にも
欠かせないものです。
施策や補助金(お金)だけでは、小規模事業者も商工会も守ることができません。
伴走型経営支援を強化しても、膨れ上がったさまざまな事業にメスを入れても、
青年部や女性部、業種別部会などの改革に乗り出したとしても守ることはできません。
忘れ物が放置されたままでは、小規模事業者も商工会も未来を語ることができません。

問題提起③

忘れ物をした最大の原因は商工会の閉鎖的な体質が原因となっています。
忘れ物に気付かなかったのは、商工会という「旧い業界」の殻から踏み出せないからです。
時代の流れを俯瞰する習慣がなかったからだと思います。
(少しは改善に向かっていると思いますが)地域の唯一の小規模事業者団体として、
無競争の「ぬるま湯的風土」が未だにはびこっている体質(根源的な問題)に積極的に
メスを入れなかったことが、忘れ物に気付かなかった最大の原因だと考えます。

本セミナーで次のことを学んでいただきます。

「忘れ物」の正体を明らかにし、忘れ物と商工会運営の関わりを具体的に解説します。
今まで放置されてきた忘れ物をどのような考え方で、何からメスを入れればよいのか。
どのような手順で取り組めば成果が上がるのか。
具体的に提案させて頂き、忘れ物の存在の大きさと重要さに気付いて頂きます。

本セミナーの受講で

仕事に(人生に)新しい視点が生まれます。新たな第一歩を踏み出す自覚が芽生えます。
新しい発想を修得し、今までの殻を破ることができます。
商工会運営に新しい第一歩を踏み出す勇気と手掛かりを掴んで頂きます。

 
 対 象:商工会の「忘れ物」が気になる職員、役員の皆さん
     仕事や人生の質の向上に関心のある役職員の皆さん、経営者の皆さん

 時 間:2~3時間

 

お問い合わせ

セミナーのご依頼・内容へのお問い合わせは以下からお願いいたします。

TEL:077-524-7755 090-7872-3669
mail:office@c3c3.jp

その他のセミナー情報